【不動産特集】対面接客をオンラインで実現!今こそ知りたいコミュニケーション術【3分で振り返るウェビナーレポート】

オンラインでは相手の反応が見えない、一方的な説明になるなど、訪問では気にならなかった問題が起こりがちです。一方で、商談力を下支えする商材・業界の知識や、クロージングに持ち込む交渉力については訪問とオンラインに違いはないと今回の登壇者:村上は言います。

「オンライン商談の最大の障壁はコミュニケーション。そして訪問とオンラインで違いが生まれるのはコミュニケーションだけ」。では、コミュニケーションにおいてはどんな違いが発生するのでしょうか?

登壇者:村上秀行(むらかみ・ひでゆき)
ベルフェイス株式会社
セールスグループ セールス3チーム リーダー

「無意識的」な目線の動きに「意識」を配る

オンライン商談でよくあるのが「お客様の集中力が切れてしまう」ということ。一方的に話されるのを聞いていると、講義を受けてるような気分になり、徐々に心が離れていきます。

対面の商談では、目を合わせることでお客様の理解度や温度感を測り、都度トークを微調整します。それに比べ、オンラインでは資料に視線を落とし、お客様とのアイコンタクトがないがしろになる傾向があります。

この無意識的な動作にメスを入れる、すなわちカメラに視線を向けるよう意識するだけで、対面と同等の臨場感を得ることができます。

とはいえ、商談の間、ずっとカメラの方を向いているわけにはいきません。目安となるのは商談時間の1/4です。1時間の商談なら、15分はお客様と目を合わせることを心がけて下さい。

良い接客例:お客様と目を合わせて会話している様子がわかるオンライン商談時のキャプチャー画像

ベルフェイスならお客様と顔を合わせて会話した時間(≒会話モードを使用した時間)がレコログ上で測定できる。ピンク色で示した部分が、会話モードを使用していた時間。

コミュニケーションに差がつくオンライン商談特有の3つの操作

読むべきところはマーカーや拡大機能を使って示す

オンラインでお客様と資料を見合っている際、「右下に書いてある項目については~」といった風に、読む場所をお客様に口頭で指示してしまうクセがある方もいるのではないでしょうか?

資料は往々にして情報が詰まっているので、今どこの話をしているのか、お客様は見失ってしまいがちです。読んでほしい部分については、マーカーを使って視覚的に示しましょう。また、文字や図が細かいところを説明する場合は、その部分を拡大してあげるのがおすすめです。オンライン資料ならではのメリットですね。

オンライン商談で資料の拡大縮小やマーカー機能を使っている様子

ベルフェイスのマーカー機能は営業/お客様の双方が入力できる優れもの。拡大縮小も簡単操作。

スライドめくりはテンポよく

一つのページに長く滞在してしまうことは、お客様の飽きを促す理由の一つです。もちろん熟読が必要なページはじっくり読みましょう。問題は留まる必要のないページ、例えば表紙を開いたまま長々と喋ってしまうことです。それぞれのスライドはなるべく等間隔に、リズムよくめくっていきましょう。

スライドめくりの良い例と悪い例。悪い例は1ページの滞在時間が長く、良い例は1ページの滞在時間が短く、飽きないテンポであることがわかる

ベルフェイスのレコログを見れば資料の各ページを何分間開いていたか確認できる。マネージャーの商談チェック時にも役立つ。

話した内容をその場で可視化

オンライン商談に慣れた方は、話した内容をその場でメモ書きし、お客様と共有しながら話しましょう。言った言わないを防げるのはもちろん、話の内容に齟齬が生まれにくくなります。

ベルフェイスの「共有メモ」なら、内容を画面に写しながらのメモ取りが可能。営業とお客様の双方から記入ができ、ダウンロードもワンクリックです。

オンライン商談時の、共有メモ機能の実際の画面

事前にテンプレートを設定し、アジェンダ代わりに使用することも可能。

【無料ダウンロード】変化する不動産業界の新たな営業スタイルとは?

まとめ

  • 訪問とオンラインの違いはコミュニケーションだけ
  • 無意識的な目線の位置をコントロールすべし
  • オンライン商談特有の操作を身につけてクオリティアップ!

チームで売上を最大化するオンライン営業システム「bellFace(ベルフェイス)」は、電話を使った、オンライン営業に特化した国内シェアNo.1のシステムです。複雑な設定が一切不要で、インターネットが苦手なお客さまにも使いやすく、リリースから5年で3,000社以上の企業に導入されています。

<こんな方におすすめです>

・営業のDXやデジタル化に取り組みたい
・在宅勤務・テレワーク体制を確立しながら売上を確保したい
・営業コストを削減したいが商談数は増やしたい
・営業の属人化を防いでスキルを標準化させたい
・インサイドセールスを導入して営業生産性向上に取り組みたい
このような経営課題でお悩みの企業様は、是非オンライン営業システム「bellFace(ベルフェイス)」にご相談ください。

関連記事

  1. 【3分で振り返るウェビナーレポート】オンライン商談初級から中級に!知って得するオンライン商談基礎知識

    オンライン商談初級から中級に!知って得するオンライン商談基礎知識【3分…

  2. アポ率が大幅改善!ベルフェイスSDRチームが実践するトークスクリプトとは?【セミナーレポートVol.2】

    アポ率が大幅改善!ベルフェイスSDRチームが実践するトークスクリプトと…

  3. 『THE MODEL』のマルケト福田氏が語るビジネスのベストプラクティ…

  4. 【3分で振り返るウェビナーレポート】Afterコロナを見据えた営業体制構築のポイント【不動産営業のDX】

    【不動産営業のDX】Afterコロナを見据えた営業体制構築のポイント【…

  5. 【生命保険業界向け】顧客体験価値(CX)を向上させる営業のデジタル革新…

  6. 【ウェビナーレポート】オンライン営業は営業組織の必須要件に!商談データを活用した業務効率化とは?

    【ウェビナーレポート】オンライン営業は営業組織の必須要件に!商談データ…

  7. 【3分で振り返るウェビナーレポート】休眠顧客を目覚めさせる!ベルフェイス式アプローチ方法

    休眠顧客を目覚めさせる!ベルフェイス式アプローチ方法【3分で振り返るウ…

  8. 【3分で振り返るウェビナーレポート】元アナウンサー直伝!プレゼン・商談の質があっという間に上がる話し方講座

    元アナウンサー直伝!プレゼン・商談の質があっという間に上がる話し方講座…

人気ダウンロード資料

営業組織におけるDX推進のポイント
 
営業組織におけるDX推進のポイント

 
 

保険業界でAfterコロナを生き抜く営業組織のつくりかた
 
保険業界でAfterコロナを生き抜く営業組織のつくりかた

 
 

With・Afterコロナの不動産営業はどう変わるか
 
With・Afterコロナの不動産営業はどう変わるか

 
 

オススメ記事

  1. 営業ノウハウ

    【活用【活用のコツ】営業でテレワークや在宅勤務を導入・浸透させて売上を最大化するには?
  2. 営業ノウハウ

    トップ営業が必ず意識している商談時のコツとは
  3. 営業ノウハウ

最近の記事