営業マンが抱える多大なストレス10選【ストレス解消方法まとめ】

その他の職種に比べ、営業はとてもストレスが多く、営業マンは疲弊してしまうことが多いでしょう。

今回は、営業マンはどのようなストレスを感じているのか、また多くのストレスに対しての解消方法をご紹介いたします。

1.営業マンが抱えるストレス10選

営業マンがストレスを抱えがちであることにはいくつかの理由があります。

そこには、ノルマと時間に関する問題と、顧客や上司との人間関係に関する問題が隠れています。

1.1ノルマ達成に対する不安感

多くの営業マンがもっともストレスに感じることは、「ノルマを達成できないことだ」と述べています。ノルマを達成できなければ、人事評価が悪くなり、減給や降格もあるかもしれません。

上司や同僚から後ろ指をさされることが、相当なプレッシャーになります。

1.2長時間残業への不満

結局、ノルマを達成するために、長時間の残業を強いられるケースも多々あります。営業は、残業時間が長い職種ではありますが、残業するにしても限界があります。

移動や、日報、資料などの作成にかかる時間をなんとかしない限り、長時間残業の問題は解決しそうにありません。

1.3なかなか商品が売れない

商品が思うように売れなければ、当然ストレスがたまります。しかし、ストレスによって思考力が鈍ると、ますます提案が上手くできなくなってしまいます。

売れない原因を冷静に分析して対処する必要があります。

1.4お客さんからの無理な要求

日本の商習慣として、「お客様は神様」という慣行がまだあります。時間外に問い合わせがきたり、突然仕様の変更を要求してきたりする顧客への対応は、本当に悩ましいものです。

1.5自社商品に納得していない

営業マンの仕事は自社の商品を売ることです。しかし、そう理解しているものの、競合他社の商品のほうが優れている場合には、まじめな営業マンほど悩みを抱えることになります。

自社の商品を売るという目的と、顧客の力になりたいという願いが矛盾してしまいます。

1.6忙しくて休暇が取れない

これもまた、営業マンの時間不足に関係するストレスです。多くの会社でノルマと、それを達成するための時間が釣り合っていません。休日を返上してノルマ達成に努めることもよくあります。

1.7上司や先輩との人間関係

社内の人間関係のストレスは、どのような仕事にもついて回ります。営業マンがつらいのは、ノルマというはっきりした数字をもとに上司や先輩からパワハラを受けることもあります。パワハラをいつまでも我慢していると、ストレスがたまりメンタルヘルスに問題を抱えることになりかねません。

1.8テレアポですぐに断られる

テレアポは、1か月に1000社以上もの企業に対して電話でアプローチする営業活動であるため、肉体的にも精神的にも疲弊してしまいます。テレアポでは、話を聞いてもらえない相手が多く、あまりにひどい断り方をされた後などは、とてもストレスがたまります。

1.9 理想と現実のギャップ

営業のイメージは一般的に、「自分が努力した分、売上という数字が出てきてやりがいがある」、「お客様の喜んだ顔が見られる」、「外に出る仕事」といったこと挙げられるでしょう。

しかし、実際に営業を始めると、「案外、事務仕事が多かった」、「思ったよりも成果が出にくい」、「残業時間が予想より多かった」など、イメージとは異なることもたくさん出てくるはずです。

営業は人との関わりが多く、人付き合いが好きな人ほど向いているのでは、というイメージを持っている方もいるかも知れません。しかし実際は細かい事務作業なども多く求められ、人付き合いだけでは営業職は務まりません。

このような理想と現実のギャップが「こんなはずじゃなかった」と思わせ、ストレスに繋がります。

1.10 友人が離れていく

特に保険会社やクレジットカード会社の業界によく見られるのが、友達営業です。

友達営業とはその名の通り、自分の友人に対して営業活動を行うことです。上司から、友達営業することを強く勧められる場合もあるようです。

友達営業を行うと、相手からは「仕事のために付き合っていたのか」と嫌な顔をされることもあるでしょう。そのことが原因で交友関係が悪化し、友人が離れていってしまう、ということもありえます。

別のパターンとして、営業職は残業時間が長くなりがちなので、友人との付き合いがなかなかできず、疎遠になってしまうような場合もあります。

友人と会う時間も取れないほど仕事に追われるという状況に、営業マンの多くはストレスを感じてしまうでしょう。

2.営業マンにおすすめのストレス解消方法

営業マンにおすすめのストレス解消方法を3つご紹介します。適度な運動と適切な長さの睡眠は、ぜひ心がけましょう。

仕事以外の趣味で楽しめることがあれば、気分をリフレッシュすることがストレス解消に役立ちます。

2.1運動して身体を動かす

適度な運動をすることで、気分転換やストレス解消に高い効果を発揮し、心の健康を維持・改善することで効果的です。ストレス緩和には、ウォーキング、ランニング、水泳などの、呼吸しながら行う有酸素運動が適しているとされています。

木々が豊かな公園で散歩したり、ランニングしたりすることには、高いリラックス効果があります。リラックス効果を得るためには、軽く汗ばむくらいまでの運動をすれば十分です。

一日20分くらいの運動を、週に3回~毎日くらい繰り返し、運動後にリラックスした感覚を味わいましょう。

2.2睡眠時間を多く取る

運動とともに、十分な睡眠を取ることがとても重要です。疲れているときこそ、意識して睡眠を取るように努めなければならず、良質な睡眠を取ることにも大きな意味があります。

睡眠には、頭を休ませること、日中の経験を記憶として定着させること、成長ホルモンの分泌により細胞を修復し疲労を回復すること、翌日の集中力を上げること、病気に対する抵抗力をつけることなどの、さまざまな効果があります。

睡眠不足は体調不良を起こしやすくするだけでなく、これらの効果がなくなるため、ストレスがたまりやすくなります。

調査の結果、7時間程度の睡眠を取る人々が健康長寿であること、メラトニンという睡眠に重要なホルモンが活性化するのは午前0時ころであることがわかっています。就寝の1時間前からはリラックスした状態過ごし、午前0時前に就寝し、7時間程度眠ることを心がけてみましょう。

2.3趣味の時間を確保する

趣味を持つことは、気分転換になり、ストレス軽減に効果があります。ランニングなどの運動を趣味にすれば、運動それ自体がもつストレス軽減効果に、趣味の気分転換の効果が重なり一石二鳥です。

また、ヨガやアロマテラピー、テレビドラマ、カラオケなどもストレス解消につながります。昼間は活動的な趣味でストレスを解消し、夜になったらあまり負担をかけない趣味でリラックスタイムを確保することが重要です。

以上が、ストレス解消のための主な方法です。

「そんなの当たり前じゃん…」と思いましたか?確かに、これらは営業マンに限った話ではなく、ごくごく一般的なストレス解消方法に過ぎません。「できるならやりたいと思ってる」という声が聞こえてきそうです。

本当は運動や睡眠、趣味に時間を使いたいのに、そんな時間もとれないくらい疲れている、という方もいらっしゃいますよね。そういった方は、業務効率を上げて残業を減らすしか方法はありません。そこで、営業マンの業務効率を格段に高めるツールをご紹介します。

3.ストレスをためずに営業する方法

前項で、ストレス解消法を確認しましたが、そもそもストレスを貯めずに営業できればいいはずです。

ここでは、営業においてストレスをためないための考え方をご紹介します。

3.1 「顧客に断られる=失敗」ではない

顧客に断られるのは、嫌なことと捉えがちです。繊細な人は、「自分の営業の仕方が悪かった」、「自分の人格や存在を否定された」と考えるかもしれません。

しかし、冷静に考えてみると、案外そうではない可能性があります。

もしかしたら、自分の営業の仕方は問題なかったが、顧客には提案した商品やサービスが必要ではなかった、ということも考えられそうです。その場合は、提案内容の選択ミスです。別の提案を行うことで、同じ顧客でも契約につながる可能性は十分にあります。

また、自分の営業方法に問題があって、破談になってしまっても、落ち込むことはありません。そこから、なぜ失敗したのか学び、次に生かしていくことが最も重要だからです。

そう考えると、成果に繋がらなかったからといって、すべてが無駄になってしまった訳ではありません。自分の成長に必要な要素を気づかせてくれる良い機会と思えば少しは気持ちが楽になるはずです。

3.2 「何のために営業を頑張るのか」見つめ直す

日々、仕事に追われながら過ごしていると、働く目的を見失ってしまい「何のために営業を頑張っているのだろう」と、悩んでしまうこともあるでしょう。

営業を始めたとき、自分は営業のどこに魅力を感じていたのでしょうか。初心に立ち返って考えてみるのも良い方法です。

例えば、「お客様の笑顔を見たい」と思って営業を始めた人は、闇雲に営業をするのではなく、「どうしたら、お客様を喜ばせる事ができるだろうか」と考えてみましょう。すると、自然に「お客様はどんなことでお困りなのだろう」と顧客視点で考えることができるようになります。

顧客からしても、自分の置かれている立場を分かってくれる営業は好印象に感じるでしょう。

3.3 相手の成功を一番に考える

営業では、自分の数字を上げたい気持ちが先行し、ひとりよがりになりがちです。

しかし、それでは上手くいきません。常に相手のことを思って動くことが大切です。

困っていることは何か、それを解決する手立ては自分にあるのか、一緒に考える事が重要です。

一方的な営業では、顧客が本当に求めていることとは異なる提案をして失敗に終わってしまいます。

一見、すぐには売上に繋がらない作業でも、顧客のことを思って行えば、後々受注につながることがあるかもしれません。

顧客の困りごと(=課題)が自分の力によって、解消されたなら、きっと自分でも満足のいく営業ができるでしょう。

4.営業での悩みを解決する商談ツールとは

多くの営業マンが残業する理由は、ノルマを達成するために必要な時間が確保するためです。そのため、残業時間を減らすには、根本的な解決策が必要です。

ノルマを達成する、つまり成約数を伸ばすには、商談の数を増やすか、商談の質を上げる必要があります。より多くの成約を獲得するには、質を落とすことなく、数多くの商談を実施すればよいわけです。このような観点から、第一に取り入れたい営業手法がインサイドセールスです。

インサイドセールスは、電話やインターネットを使って、社内にいる営業マンが相手先企業にいる担当者に対して、非対面で営業を行う営業手法になります。インターネットが発達する以前は、訪問営業が主流とされていましたが、インターネットの普及に伴い、効率化を図ることができるインサイドセールスが主流になりました。

インサイドセールスを導入することで、訪問営業ではネックとなっていた、多大な移動時間と経費がかからなくなります。移動にかかっていた時間を商談に回したり、研修や営業戦略の策定に回したりすることにより、量と質の両面で商談の質を高めることができます。

インサイドセールスを行う上で、訪問と同等の質の商談をオンラインで行えるツール、「bellFace(ベルフェイス)」をご紹介します。

5.1bellFaceとは

bellFace(ベルフェイス)は、Web会議システムを用いて、非対面で営業活動を行うことができるオンライン商談ツールです。bellFace(ベルフェイス)を使うことで、テレビ電話形式で質の高い商談を行うことができます。

お互いのパソコン画面の共有、資料ファイルの共有の機能により、訪問営業と比べても遜色のない商談が可能です。bellFace(ベルフェイス)は使い方もとても簡単で、ブラウザやOSによって制限されることなく、インターネット回線があれば最短5秒で商談を開始することができます。

担当者の見栄えをよくするビューティーモードなどの機能により、多くの人が抵抗なくインサイドセールスに取り組むことができます。

5.2bellFaceで解決できる悩み

bellFace(ベルフェイス)は、質の高い商談を実現するためのツールであり、インサイドセールスに役立つツールでもあります。

そのため、bellFace(ベルフェイス)を活用し、多くの営業の悩みを解決することができます。

  • 商談数を増やすことができる

商談ツールを使ってインサイドセールスを実施することで、移動に費やされる時間を節約できます。商談の質を落とすことなく、数多くの商談を実施することができるため、成約率をあげることができるのです。成約率が上がれば、営業マンがストレスを抱えることもなくなり、前向きに仕事に取り組むことができるでしょう。

営業マンの皆さんは、移動やそのほかのことに時間を取られてしまうことで、ノルマ達成のハードルをあげていませんか。ノルマが達成できていない際には、無理な残業や、休日出勤が必要になることもあります。そこで、bellFace(ベルフェイス)を使って効率よく商談を行い、無駄に労働時間を増やすこともなくなります。

  • 営業を仕組み化できる

これまでの営業マンの課題点は、個人の技量に頼りすぎていたことにもあります。ノルマを与えてとにかく達成しろというだけでは、マネジメントしたことになりません。

そこで、営業の一部または全部をbellFace(ベルフェイス)を使ったインサイドセールスに転換し、課題の根本的な部分を解決することができます。

bellFace(ベルフェイス)には、トークスクリプトや目次を共有する機能、商談を動画やセールスログといった形で記録しておく機能があります。bellFace(ベルフェイス)を使った営業は、はじめから仕組み化されているといえるでしょう。

チームで営業の流れを共有し、記録を活用してセールスを学習することもできます。企業単位で営業の流れを改善することで、営業マンが働きやすい環境をつくり、ストレスなく営業活動ができる職場へと変えることができます。

5.3 bellFaceの導入事例

bellFaceは様々な業界で使用されています。ここでは、実際bellFaceを導入している株式会社U社を例に、bellFaceを使った事例をご紹介します。

<株式会社U社>

経済情報に精通しているU社は、企業や業界情報のプラットフォームでビジネスパーソンの情報収集および分析による課題解決や、BtoC向けのソーシャル経済メディアを展開している会社です。

U社では、Webマーケティング分野を強化したタイミングがあり、その結果リードが一気に2倍以上に増えました。これにより、営業リソースが追いつかなくなり、提案後の見込み顧客をフォローできなくなっていました。

この課題を解決するべく、効率的に新規商談を行えるbellFaceの導入を検討しました。

導入後、商談自体が2.5倍ほど伸びており、受注数はなんと3.3倍まで膨らんでいます。

人員を少し増やしたのですが、これを差し引いても格段に商談数は多くなっています。bellFaceが無ければ、このような状況は実現できなかったでしょう。

bellFaceはオンラインで商談できるサービスです。そのため、オンラインで商談を済ましてしまうことに不安があり、最初はbellFaceを使っていない営業担当もいました。

しかし、bellFaceを使い始めた営業担当が一定の成果を出していることから、組織内に徐々にbellFaceが浸透していきました。

また、営業活動はどうしても、個人による独自の営業方法になりやすい傾向にあります。そうなると、それぞれの営業担当がどのような商談をしたのか共有しづらく、新入社員が営業スキルを習得するのに時間がかかっていました。

bellFaceを使うことで、商談内容を動画で記録出来るため、記録を見て新入社員が自身の営業方法を改善したり、共有したりしやすくなりました。

他の同じようなサービスと比べ、bellFaceは、UIが使いやすい上にアップデートも多く、U社が求めていた機能を搭載していました。また、顧客との接続がストレスなく行えることも選定した理由の一つです。

6.まとめ

以上、営業マンのストレスとその解消法について解説しました。インサイドセールスの導入により、営業マンのストレスを根本的に改善できることも解決方法の一つともいえます。

従来型の訪問営業のみを行う限り、営業マンのストレスはなくならないでしょう。

bellFace(ベルフェイス)を活用した質の高いインサイドセールスを行うことで、無理なストレスから解放された営業マンがイキイキと働ける環境を目指しましょう。

関連記事

  1. 【入門編】MAとは?活用メリットとツール5選

  2. 電話営業の成果を高める事前準備と電話のコツ

    電話営業の成果は「事前準備」と「電話のコツ」で決まる?

  3. 【テレアポ営業】獲得した商談アポを確実に成約に繋げるには?!

  4. 紹介営業で絶対やってはいけない事と効果的な方法

  5. 営業の生産性向上~残業を減らし、受注を増やす方法とは~

  6. 営業成績の分析に~ブラックボックスの商談をデータ化するには

  7. 営業は常に数字/売上を求められる!目標達成までにすべきこと5選

  8. 【印象アップ!】営業マンが知っておきたいビジネスマナー

オススメ記事

  1. セミナーレポート

  2. 営業ノウハウ

  3. 営業インタビュー

最近の記事