Web会議・営業で生産性が上がる!3社の成功事例とともに効果を解説

コロナショックをきっかけとして、場所にとらわれない効率的で自由な働き方の実現は不可避のものとなり、様々な職場でリモートワークへの対応が進められています。

しかし、営業は顧客と直接顔を合わせて商談を進めるケースが多く、直接顧客のもとへ出向くことなしに、どのように営業したらいいのか頭を悩ませる営業管理職の方も多いのではないでしょうか?

そこで、テレワーク環境下でのWeb会議システムを活用した営業活動で得られる効果について、実際の導入事例をもとにご紹介していきたいと思います。

Web会議システム導入が働き方に与える「良い影響」とは?

まずは、Web会議システムを導入することで、どのように働き方が変わるのか、どのような効果が期待できるのかについて見ていくことにしましょう。

 

移動時間の短縮=労働時間の削減

Web会議システム導入の効果として、まず第一に挙げられるのが「移動時間の短縮」です。

オンライン会議であれば、オフィスや自宅に居ながらにして顧客と直接商談することができるため、移動は一切不要となります。

従来のように顧客を直接訪問するとなると、交通手段を調べる、プレゼン資料を印刷する、持ち物を用意する、など準備のための時間が必要になりますし、アポイント前後に移動時間も発生し、労働時間が増える割に生産性は下がります。

移動のための時間を節約できれば、余裕を持ってプレゼンの準備をしたり、商談前まで別の業務を進めたり、といったことも可能なのです。往復の移動時間の節約で一日の商談件数が2~3倍になるなどの効果もよく聞きます。

 

会議の準備・振り返りがカンタン

会議に必要な資料印刷などの準備が不要で、パソコン1台で会議が行えるのもオンライン会議の魅力の一つです。

顔を突き合わせて行う会議では、人数分の資料を印刷したり、スライド投影の準備をしたり、席次を決めたり…といった細々とした雑務に追われがちですが、Web会議システムを使えば、画面上で簡単に参加者全員に資料を共有することができます。

また、オンライン会議の様子は録画ができるため、後から内容を見直すことが容易で、商談相手との間で認識違いを防ぐのにも効果があります。さらに、先輩社員の商談を後輩社員に見せて聞かせることがリアルに可能になるので、教育効果も高くなります。

Web会議システムを活用することで、会議の手間を大幅に省くことができ、生産性の高い、有意義な会議を実現できるでしょう。

 

働く場所が柔軟に選べる「リモートワーク」を実現

Web会議システム導入で得られる効果の3つ目は、リモートワークの実現です。

特にコロナ禍において、リモートワークの導入は様々な企業で切実な課題となりましたが、Web会議システムがあることでリモートワークが実現できた、というケースも多いのではないでしょうか。

先述の通り、Web会議システムを活用してオンライン会議を行えば、会議のための移動そのものが不要になります。

オフィスだけでなく自宅などどこででも自由に働くことができるようになれば、子育てや介護などで忙しく、営業職のような外に出て働く職種は無理だとあきらめていた人も、個々の状況に応じて柔軟に働くことが可能となります。

Web会議システム「ベルフェイス」の成功事例をご紹介!

昨今、様々なWeb会議システムが登場していますが、なかでも「ベルフェイス」は単にオンライン会議を行うだけのツールではなく、日々の営業活動や社員教育にも大きな効果を発揮します。

Web会議システム「ベルフェイス」の特徴と期待できる効果を、実際の導入事例も交えながらご紹介したいと思います。

 

ちなみに、「ベルフェイスについて今すぐ詳しく知りたい!」「社内で情報を共有したい!」という方は、こちらの資料3点セットもおすすめです。ぜひダウンロードしてチェックしてみてください。

 

導入社数、営業職の利用数ともに業界1位を誇るベルフェイスとは?

ベルフェイスは、オンライン商談が行えるだけでなく、営業担当者の営業スキル向上や、営業管理職のマネジメント効率化にも効果のあるWeb会議システムです。

接続方法がとてもシンプルで、ITツールの利用に不慣れなお客様でも簡単に利用できる点も、ベルフェイスの特徴として挙げられます。

その他にも、商談を進めながらリアルタイムで顧客とメモを共有できる機能や、後から商談の内容を振り返ることができるレコログ(録画録音)機能など、営業に特化した機能を多数搭載しています。

 

【事例1】ベルフェイス導入で商談数が2倍に!

人材紹介や人材派遣、アウトソーシングを中心に手掛けるパーソルテンプスタッフ株式会社は、ベルフェイスを導入したことで商談数を2倍に増加させることに成功しました。

ベルフェイス導入前、顧客1件1件を足で訪問していた同社では、客先への移動に時間を取られ、スピード感のある効果的な提案ができないことが課題でしたが、ベルフェイスを導入したことで、移動時間の大幅な削減が可能となり、顧客との折衝数増加という効果が得られたのです。

また、グループ会社の商材提案を行う機会も多い同社では、グループ会社の担当者も交えた三者間でのスケジュール調整が必要な場面も多く、日程調整に時間を取られていました。

しかし、ベルフェイス導入後は、商談のための移動が不要になったことでスケジュール調整も容易になり、顧客への提案までの時間が大幅に短縮され、よりスピーディーな提案が可能になったのです。

中には、商談の半数近くをオンライン会議に切り替える社員も出てくるなど、Web会議システム導入の効果は如実に表れ、企業への直接訪問が難しいコロナ禍においても、今年6月には前月比2倍の商談数を実現しました。

同社では、顧客へのスピーディーな提案が可能で、業務の生産性向上に効果的なWeb会議システム「ベルフェイス」を、今後も社内外で活用していきたいと考えています。

▼さらに詳しい情報はこちら
商談数2倍達成も、導入当初は苦戦。状況打破の鍵とは?お客様の信頼を勝ち取るベルフェイスならではの方法も必見!

 

【事例2】新人教育のスピードアップ!早期自走が可能に

ベルフェイスの活用によって、新人教育のスピードアップという効果を享受した企業もあります。

不動産会社やハウスメーカー、工務店に向け、業務効率化サービスなどを提供するiYell株式会社は、全国展開を見据え、従来の訪問型の営業では生産性が上げられないと感じたことから、Web会議システムの導入に踏み切りました。

ベルフェイスを導入したことで、当初の目的であった客先への移動時間削減と、それに伴う生産性向上を実現できただけでなく、新人教育という面においても効果を発揮することとなったのです。

例えば、Web会議システムを使うと先輩社員や上司が簡単に営業同行できるため、新人へのサポートが容易で、即座に内容を補足したり、訂正したりといったヘルプが可能となりました。

また、客先への移動が不要となり、新人・上司ともに社内にいる時間が増えたことから、商談終了後のフィードバックの時間をじっくり取れるという効果もあったのです。

一般的に、不動産や住宅ローンなどの複雑な知識を身に付けなければならない不動産の営業担当者の育成には1年近くかかりますが、同社の新入社員は営業・不動産業界ともに未経験であったにもかかわらず、入社から半年程度で一人でも契約が取れるようになりました。

Web会議システムの活用は、単に移動時間削減にともなう生産性の向上に効果的なだけではなく、効率良く新人教育を行い、早い段階での自走を実現できるというメリットもあるのです。

▼さらに詳しい情報はこちら
訪問文化が根強い業界でベルフェイスによる新人の早期自走や、商談数2倍・訪問と同等の成約率を実現できた理由とは?

 

【事例3】商談に重点を置き解約率が1/3に!

不動産査定・売却サービスを運営する株式会社Speeeは、既存顧客への電話によるカスタマーサクセス(CS)活動を行う上で、解約率が改善しないことに危機感を持っていました。

同社では、電話を使った商談で顧客と資料を共有することができず、商談後にメールやFAXで別途送付するも、なかなか見てもらえないという状況にありました。

また、電話で商談ができる時間も限られており、CSの役割を果たし切れていないとの考えから、他部署がすでに導入していて効果が実証されていたベルフェイスを、CSにも取り入れることにしたのです。

ベルフェイスの導入によって、資料を顧客とその場で共有しながら商談を進めることができるようになり、より踏み込んだ説明、提案を行うことが可能となりました。

電話で顧客の要望や不満を聞くだけだった頃と比べて、表面化していない潜在的な課題についても顧客とともに考え、解決に向けた提案まで行えるようになったことで、顧客満足度が向上し、課題であった解約率も3分の1まで改善させることができました。

▼さらに詳しい情報はこちら
解約率1/3達成の理由は、商談時間を2~4倍にできたから!?CS活動の質向上とメンバーのモチベーションアップを実現!

 

なぜベルフェイスは商談に強いのか?理由を徹底解説!

商談に特化したWeb会議システム「ベルフェイス」導入によって、営業活動の生産性向上を実現できるだけでなく、社員教育の場面においても大きな効果を発揮することが、各社の導入事例を通じておわかりいただけたかと思います。

営業活動や社員教育に強みを持つWeb会議システム「ベルフェイス」の便利な機能を、さらに詳しくご紹介していきましょう。

 

かゆいところに手が届く!商談に特化した機能が満載

商談に特化した機能のひとつとして挙げられるのが、「シンクロプレゼンテーション機能」です。

これは、顧客と画面を共有しつつ、営業担当者と顧客の双方が資料を自由に操作できる機能で、対面と同じようなやりとりが可能になるとともに、お互いのマウスの位置で資料のどこを見ているかが一目でわかり、双方向での商談が可能となる機能なのです。

 

顧客との双方の情報共有という点では、「共有メモ機能」も便利です。

商談中に営業担当者と顧客が同じデジタルメモを共有して編集することで、認識違いや情報の間違いを未然に防ぐことができるとともに、議事録代わりに使う方法もあり、顧客とのより円滑なコミュニケーションの実現に役立ちます。

 

さらに、「デジタル名刺」も営業ツールとして効果的な機能の一つで、趣味などプライベートも含めた営業担当者のデータを顧客へ事前に送付しておくことで、商談の際にアイスブレイクとなり、オンライン商談の課題である顧客との心理的な距離感を縮めるのに効果的です。

 

他にも、画面の明るさ調整など見た目を調整できる「ビューティーモード」や、営業担当者側にだけデジタルカンペを表示できる「トークスクリプト機能」、商談記録から顧客管理まで商談を進める上で必要な業務フローを一元管理できる「CRM連携機能」など、ベルフェイスは営業チームの生産性向上をサポートする様々な機能を備えているWeb会議システムなのです。

 

自社も顧客も使いやすい!5秒でつながる簡単さ

ベルフェイスのWeb会議システムは、接続のしやすさもその魅力の一つです。

ベルフェイスには、電話を使用しながら必要に応じて画面共有ができる「電話型」と、オンライン会議や複数名での商談に適した「Web型」の2種類があり、シーンに応じた使い分けが可能です。

 

どちらの種類でも接続方法は簡単。

電話型であれば、電話で案内をしながら、顧客に「ベルフェイス」と検索し、接続ボタンをクリック、発行された番号を教えてもらうだけ。

一方、Web型であれば、事前に送付しておいたURLを顧客にクリックしてもらうだけ。

それぞれあっという間に接続が完了します。

 

特に電話型は、Web会議に慣れていない顧客でも接続しやすく、電話の延長線上として使うことができます。

顧客にアプリをインストールしてもらう必要もないため、顧客に負担をかけることなくスムーズに商談を進めることができるでしょう。

 

コロナ禍に活躍!商談録画・オンライン同行で新人教育

コロナ禍で新人が営業の現場経験をなかなか積めない、訪問が制限されて営業同行ができない、といった課題を抱える方も多いかと思いますが、ベルフェイスのWeb会議システムを使えば、オンラインで新人に商談を経験させることができ、的確でスピーディーなフォローアップも可能です。

ベルフェイスなら、先輩社員の商談に新人がオンライン参加することも、あとから録画を見ることもでき、教育の機会が失われません。

逆に新人の商談に先輩が同行することもできます。

新人が商談中に行き詰まってしまった場合でも、「トークスクリプト機能」で上司がカンペを出してフォローすることもできますし、商談の録画を使って商談後に振り返りを行えるなど、さまざまな機能で新人教育をバックアップします。

新人にとっても、自身の営業トークを振り返ることで、更なるスキルアップを図ることが可能になるのです。

ベルフェイスを活用したオンラインでの新人教育は、生産性を上げ、効果を最大限に引き出せるという点では、コロナ禍に限らずポストコロナの時代においても非常に有益であると言えるでしょう。

ベルフェイスでWeb会議の効果を実感してみては?

Web会議システムを利用して本当に営業ができるのか、直接顧客に会わずに商談を成立させることが果たして可能なのか、その効果に不安を感じる管理職の方も多いことでしょう。

しかし、Web会議システムの活用により、従来の訪問型営業の課題であった時間的・地理的な制約を取り払い、より営業活動や新人教育の生産性向上を実現できることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

また、事例をもとにご紹介したように、商談特化型のWeb会議システム「ベルフェイス」なら、さまざまな面で商談の成功をサポートし、チームの営業力を高めることにもつながります。

 

今回ご紹介しきれなかった事例が他にもたくさんあり、皆さんそれぞれが抱える課題と近い課題を解決した企業の事例も見つけられるかもしれません。

資料では成功事例集としてまとめておりますので、ぜひチェックしてみてください。

すぐわかる!ベルフェイス資料3点セット【無料ダウンロードはこちらから】

関連記事

  1. 在宅勤務中におけるオンラインを活用した新規リード獲得の方法とは

  2. あなたはどれくらい実践できている?営業電話に役立つコツ25選総まとめ!

  3. 営業職も種類は様々、それぞれの特徴と仕事内容を紹介!

  4. 営業成績の分析に~ブラックボックスの商談をデータ化するには

  5. テレアポで成果を上げる人たちが実践する5つのルール

  6. 営業でトップを目指すなら何をするべき?セールスの基本〜応用まで

  7. 【営業の極意】成約獲得には欠かせない必須ノウハウとは

  8. 営業は常に数字・結果を求められる!目標達成までにすべきたった5つのこと

オススメ記事

  1. セミナーレポート

  2. 営業ノウハウ

  3. 営業ノウハウ

最近の記事

Sales Tech Hub(セールステックハブ)by bellFace

ベルフェイス株式会社が運営する、すべての営業チームのためのセールステックメディアです。セールス・インサイドセールスの最新情報・トレンド、クロージングやテレアポのコツや効率化、withコロナ時代に加速したオンライン営業・リモート商談の最新トピックなどをお届けします。日々のセールス業務に是非ご活用ください。