【営業ロープレチェックシート付き】インサイドセールス新人教育担当リーダーに聞く本当に効果的なロールプレイング方法

SDRという職種をご存知でしょうか。

Sales Development Representativeの略で、インサイドセールスの中でも、いわゆるインバウンドのお問い合わせに対応する人材のことです。今回は弊社bellFace(ベルフェイス)のSDRチームのリーダーの1人で、「新人教育・人材育成」を担当している清田博子にインタビューしました。

今後の事業拡大に向けて採用強化を発表している弊社。これから増加する新人の教育を早期に成功させることが課せられている中、どのような点に注意して活動しているのでしょうか。このインタビューでは清田が作成した2つのインサイドセールス教育コンテンツに焦点を当ててご紹介しています。

また、清田が作成して普段弊社で教育コンテンツとして利用している【ロープレチェックシート】と【評価者チェックポイント】をこの記事の最後でダウンロードしていただけますのでぜひご一読ください。

【事例付き】基礎からわかるインサイドセールスとは?定義や社会背景、メリット・デメリットを徹底解説

清田博子のインタビュー取材時の写真
清田博子(きよた・ひろこ)
ベルフェイス株式会社マーケティング事業部インサイドセールスグループリーダー(※所属・役職は当時のものです)
2010年株式会社日比谷花壇に入社、ブライダルフラワーコーディネーターとして勤務。2014年にブリッジインターナショナル株式会社に入社、大手IT企業のインサイドセールスとして、BtoBのアウトバウンド業務を担当。2019年よりベルフェイスに入社し、インサイドセールスグループにて新人教育・人材育成のリーダーに従事。

ベルフェイスのインサイドセールスSDR組織について

――Q.まず、清田さんが所属する組織やミッションについて教えてください。

清田:私がいるのはインサイドセールスの中でもSDR(Sales Development Representative)という、いわゆるインバウンドのお問い合わせに対応するチームです。マーケティングチームが獲得してきたリードに対して主に電話やメールでコンタクトし、アポを取得して営業に取り次ぐまでが任務です。

現在このチームには8名在籍していて、リーダーが2人います。1人は数字の管理をしており目標に対してどの数字がビハインドしているとか、そのために適切な施作を考えるということを担当しています。私はもう1人のリーダーで、新人教育や人材の育成、教育コンテンツの作成やロープレを担当しています。

――Q.SDRチームの体制や担当決めについて教えてください。

清田:マーケが獲得するリードにはいくつかの種類があり、そのリードソースによってアポ率、有効商談率、受注率が異なってきます。そのため最も確度が高い「資料請求」は「一番取れるエース」に担当してもらっています。

特にいまは、メインが資料請求からの商談化のため”一番アツい”ところを絶対に落としたくありません。そのため一番打率の高いメンバーにお願いしています。

清田:また、アポ獲得自体は難しいけれども有効商談率の高いMQL(Marketing Qualified Lead)は営業経験がある人に担当してもらっています。MQLは潜在的ニーズを持っていることが多いですし、一度商談してLostしていることもあるので前回の流れやお客様のニーズを汲んで会話をする必要があるためです。メンバーのバックグラウンドやスキルによって担当を振り分けています

インサイドセールスの始め方。組織・ツールの導入方法を徹底解説

「SDRの心得」について

――Q.教育コンテンツの1つで「SDRの心得」がありますが、これはどういったものでしょうか?

清田:ハイパフォーマーが意識的・無意識的に実践していることを【ルール編】【テクニック編】【マインド編】の3軸で明文化したものです。メンバーに「ハイパフォーマーを目指そう」と言っても、実業務の中でどうしたら良いのか、自分に何が足りないのかはなかなか分からないですよね。

とはいえ、長々と文章で書いても読む時間もかかるし意識し辛いので「心得」として集約しました。イメージとしては目の前に貼って、今の自分が出来ているのかを都度確認しながら仕事をして欲しいです。ただこれは義務ではありませんし、最終形でもなくて、私自身も含めてコールしていく中で良い指標があれば更新していきたいと思っています。

――Q.義務ではないのですか?

清田:はい、義務にすると齟齬が出てくる場面があるんです。例えばルールに「初回コールは3分以内」というのがありますが、資料請求の場合、3分で電話するとまだ資料をご覧いただけていなかったり、ご覧いただいている最中のことが多いです。

そのため厳密に言うと7分後に電話するのが一番お客様の聞く体制が整っているということが分かっています。ここで言う「初回コールは3分以内」というのはあくまでも「迅速に対応しましょう」という意味合いです。

そういった意味でも担当毎の「心得」を作成するなど、もっとブラッシュアップして汎用的なものにしていきたいですね。SDRの心得(ルール編)の実際の1ページ

――Q.実際にメンバーに展開してみて何か変化や成果はありましたか?

清田:業務への取り組む姿勢も向上したのですが、一番変わったのは相談や質問の仕方です。例えばルールの中に「1リード”5C2M”」というものがあります。

これは1つのリードに対しての追客は5回の電話と2回のメールまで、という意味なのですが、これが出来てからは「5C2Mは終わったのですが、○○という背景があるのでもう少し追った方が良いでしょうか?」という相談内容になりました。

これが出来る前までは「これどうしたら良いですか?」という漠然とした質問内容だったり、それすら聞かずに半年間つながらない方にひたすら電話をし続けているメンバーもいました。チーム内で共通認識/言語が出来たことで各人の認識合わせが不要になったことは業務の効率化に繋がっていると思います。

教育の重要ツール「ロープレチェックシート」

――Q.次に「ロープレチェックシート」についてですが、これを作成した背景について教えてください。

清田:私自身、入社後に複数の先輩にロープレをしていただいたのですが、フィードバックの観点がその人によって違ったんです。どれも重要なことだけど、私が自分で「できていない、改善したい」と感じているところではなかったり、アポを獲得するための全てのポイントを網羅出来ていないのではないかと感じました。

そこで今後のインサイドセールス教育のために個人の感覚によらない評価軸の作成をしようと思いました。コール内容に即した標準的な評価やフィードバックがないと、教えられる側も教える側もお互い不幸だと思ったんです。

個人の感覚によるロールプレイングのフィードバックの課題

――Q.「ロープレチェックシート」の内容について教えてください。

清田:ロープレチェックシートはアポを獲得するために必要なトーク構成にもとづいて評価項目を8つに分類して、更にその中に細かいチェック項目を設けました。その各項目に対して-2点(再研修)から2点(良い)の5段階で点数がつけられるようになっています。

点数付けの基準となるのが「評価者チェックポイント」です。ロープレチェックシートは実践しているトーク構成や項目を書き出せば良いだけでしたが、それに対してどういった評価を下すのか、ということについては客観性が必要なため、ここの作成は苦労しました。

そこで、過去には自身がインサイドセールスのハイパフォーマーでもあったマネージャーに相談して、2人でブラッシュアップをしていき、客観性のある内容になったと思います。実際のロープレチェックシートの一部

日々の業務にぜひご活用ください!
ロープレチェックシートのダウンロードボタン

――Q.実際のロープレで清田さんが特に重要視している項目はありますか?

清田:「フロントトーク」と「状況確認」ですね。「フロントトーク」はお客様に今電話をかけてきたのがベルフェイスだとご認識いただくための項目です。

大規模セミナーのリストや、数ヶ月前の資料請求などへのコールの場合、電話の相手が誰かということをすぐにはご認識いただけない場合があります。ここにご納得いただかないままに会話を進めても「分からないからいいや」となって断られてしまうので、「あぁ、あの時のWeb会議システムの会社か」と思い出していただくためのトークが出来ているかを確認しています。

清田:「状況確認」はお客様課題を聞き出すためのものです。営業が商談しやすい状態でアポをトスするためにはどれだけヒアリングが出来ているかが1つの指標となりますが、いきなり「何に困っていますか」とお伺いしてもお客様は身構えてしまってお答えいただけません。

そこで「状況確認」では、お客様が回答しやすい質問を投げかけて会話のキャッチボールができているかを確認できるようにしています。

清田:また、これが最終形ではなくて今後もブラッシュアップしていきたいと思っています。いま考えている改善点としては点数を傾斜配分(予算や点数などを均等に配分するのではなく、実績や重要度などから判断してそれぞれに割り当てられる量を決めること)にしようと思っています。

例えば「価値訴求」という項目はお客様の興味喚起をしてアポを獲得するために非常に重要な項目のため満点を4点に設定したり、「マナー・質問力」は出来ていなければならないことなので「出来ていてもプラスの点数はつけず、出来ていなかった場合にマイナスの点数をつける」などと改善していきたいです。

――Q.最後に。弊社は採用強化中のため今後更に人員が増加しますが、インサイドセールスの教育を担当するリーダーとして、どのようなことに取り組んでいこうと思っていますか?

清田:お客様の立場になってコールすることができる人材を育てたいです。今はリード数が多く内容も確度が高いものが多いので一通りのやり方を覚えればアポを獲得できる状況です。しかし今後は「温度が低いリードの温度を上げる活動」をしていかなければなりません。

そうなると通り一遍等のトークではなくお客様の状況をヒアリングし、それに合った情報を提供してアポにつなげるという「リードを育てる」スキルが必要になります。

そういうスキルの前提になる考え方が、「このお客様にとってこの電話はどんなメリットがあるのか」「メリットのある電話にするためにはどうしたらいいのか?」というマインドだと思うので、そういった面も教えていきたいですね!

清田:「リードは枯れる」と想定して、もしそうなったときにもちゃんと自分のちからでリードが獲得出来る人材を育てたいです。組織としては「ステータス制度」のようなものを作りたいです。

ある基準を設けて、それに合格したらステータスが上がって、難易度の高い仕事が任せられるようにしたいですね。「最低ブロンズステータスにならないとお客様には電話できない」、「資料請求対応はシルバーステータス以上」のようなイメージで、みんなで競い合いながらも楽しくスキルアップできる環境を作っていきたいです。

【無料ダウンロード】インサイドセールスを成功させるために必要な3つのポイントとは?

まとめ

今回はSDR教育担当リーダーによる、明日から実践できる教育のコツをご紹介したインタビューでした。ぜひ新入社員の教育や新規インサイドセールスチーム立ち上げのカリキュラムとしてご参考になさってください。

そして、本記事をご覧いただいた方限定で【ロープレチェックシート】と【評価者チェックポイント】をプレゼントいたします!Excel形式のため、ダウンロードしてすぐにご活用いただけます!!ご希望の方は以下のフォームからお申し込みください。

この記事を読んだ方におすすめ

未来の営業とその実現に向けた処方箋
月間300商談を生み出すインサイドセールスチームの全て【人材育成編】
【インサイドセールスの本】おすすめ本6冊を紹介!実務に生かせる書籍まとめ

チームで売上を最大化するオンライン営業システム「bellFace(ベルフェイス)」は、電話を使った、オンライン営業に特化した国内シェアNo.1のシステムです。複雑な設定が一切不要で、インターネットが苦手なお客さまにも使いやすく、リリースから5年で3,000社以上の企業に導入されています。

<こんな方におすすめです>

・営業のDXやデジタル化に取り組みたい
・在宅勤務・テレワーク体制を確立しながら売上を確保したい
・営業コストを削減したいが商談数は増やしたい
・営業の属人化を防いでスキルを標準化させたい
・インサイドセールスを導入して営業生産性向上に取り組みたい
このような経営課題でお悩みの企業様は、是非オンライン営業システム「bellFace(ベルフェイス)」にご相談ください。

関連記事

  1. 他会議ツールとの違い

    【オンライン営業】無料Web会議ツールとベルフェイスの違い

  2. THE MODELに学ぶインサイドセールスの組織モデル

    THE MODELに学ぶインサイドセールスの営業組織モデル

  3. オンライン営業のコスト削減効果を試算!営業マンが移動に費やしている人件費は?

    【効果は1人10万円!?】オンライン営業によるコスト削減を試算!具体例…

  4. 5秒でつながるWeb会議システムができるまで。bellFace(ベルフェイス)誕生秘話

    【ベルフェイス誕生秘話】5秒でつながるWeb会議システムができるまで

  5. インサイドセールスとは?

    インサイドセールスとは?基礎知識や導入メリット、組織化のポイントまとめ

  6. なぜ営業はつらいのか?インサイドセールスが救う営業職の残業地獄

    なぜ営業は辛いのか|インサイドセールスが救う営業職の残業地獄

  7. インサイドセールスの役割は?企業とサービスに応じた3つの役割

    インサイドセールスの役割は?企業とサービスに応じた3つの役割

  8. フィールドセールスとインサイドセールスの3つの違い【応用法も紹介】

    【応用法も解説】フィールドセールスとインサイドセールスの3つの違い

人気ダウンロード資料


 
お客様のための目論見書DXとは何か?〜投資信託の目論見書電子交付に関するアンケート